クルマの見立てはお支払いが完済前のケースでもオッケーでしょうか?今一度チェック!

使用していた車の買い取り専門店に品評をオーダーしたはいいけどローンを払いきっていないなどといった場合もあり得ます。そういった時は、売却予定の中古自動車の所有が自分なのか別な方なのかどうかについて最初に把握しておく事が必須です。

本当のところ、名義に関してはどの辺を見たら把握できるのかといえば、「自動車検査証」に記載のあるお名前の方が使用していた自動車の権利者となる訳です。

今のくるまを買うタイミングで銀行が提供している分割払いを設定した場合だと、この「自動車検査証」に記載のあるお名前がご自分の名前になっているのですが、その分割払いを設定されたのがクレジット系の会社であった時には氏名がローン会社の名前となるはずです。信販会社で割賦契約を組む場合なぜこのようにその会社を名義人として登録しているのかと言いますと、それは月の払いが滞納されたときに、ただちに車を担保として確保することを考えているからです。

そうした理由から所有名義がクレジット会社となっている時にはその車を好き勝手に売ってしまう事は出来ないのです。どうあれ売ってしまいたいなら先ずは残債をすべて完済するか支払いローンの組み換えによって所有者をご自身に変えた上で売却する必要があります。さりとて実際そういった手続きが可能なのは現在お手持ちの資産がとても多いケースに限られてしまいます。じゃあキャッシュが無い時はどういったやり方が望ましいでしょう。

こうした際は見立てをおこなってもらった使った車買い取りのお店にワケを話すと、使用した車の買値から残りの返済分をキレイにし、所有者のところをご自身のお名前に変えていただくことができるというワケです。手続きに関しても完全に買い取り専門店にオマカセ可能なので心配いりません。