ユースドカーを売り渡すときの手順のことを、こちらのページで詳しく確認しておきましょう

ユーズドカーを売却する時の仕方というと下取り、そして買い取りの2つが御座いますよね。下取りの場合というのは次の自分のクルマのをゲットする時にこれまでお乗りの不要車を買い上げてもらうというものです。主に新車の販売会社が引取りをしますので買い取り額はやや低価格に見られる場合が多いです。

逆に買い取りの場合には中古車買い取り専門ショップがするもので、中古の車として売却することを予定して買取値段を決めるため、意外と高額な買上が期待できます。いずれにしても古い車を買取してもらうことであり、売る前に買取価格を決めるための格付けがおこなわれます。

値踏みをしていただくとして気になるのはリサイクル料となります。ユースドカー評価で示される額としてはそのお車本体のお値段、自家用車に附随するリサイクル料とか自賠責保険など合計した金額の二種類がございます。「リサイクル料」はその使った車をゲットしたさい、もしくはリサイクル料が払われてなかった場合ですと車検を受けた時に支払いになりますので、後に使用していた自動車を廃車として処分する場合必要となるシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類などリサイクルするさいの代金として使われます。リサイクル料金はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けておくこととなり、壊してしまう時自動車リサイクルシステムから支払されるということとなります。

その時の料金は大体、軽自動車であれば8000円位、普通車だと1万円程、外国の車等だと15000円程、そのほかで2万円程度をいれる必要がございます。たいていの使用ずみの車買取りの場合、これらのリサイクルの代金を使用ずみの自動車の買受プライスとは他のものとして引受されるというようなこととなるワケですが、リサイクル料金を含めて引き受けプライスとなっている場合もあり、買い取りを希望する場合は先ずはチェックしておくということが必要です。