中古の自動車を売却する場合の手続きに関することを、このページで詳しく見ておきましょう

中古の車を売り渡す場合の段取りといえば下取りと買取りの2つが有ります。下取の場合というのは新しいクルマを入手する代わりに今迄乗っていた中古の自動車を買い上げて頂くというものです。大概販売会社が引き取りを行うため金額としては割と低目に見られる場合が多いです。

もう一方の買取の場合には車買い取り専門店がやっているもので、中古自動車という名目で売る事を前提として買上の額を決めるため、どちらかといえば高額の買い取りが期待できるでしょう。何れにしろ古い自動車を売却することであり、売却する前に引き受け額を決定するための評定がされることとなります。

格づけをしてもらう時に気になるのがリサイクル料となります。使っていた自動車の品定めで出してもらう金額としてはその中古車本体のお値段、自分の車のについてくる自賠責保険とかリサイクル料等を加えた額の2つの種類がございます。「リサイクル料」は中古の車を購入した際、もしくはリサイクル料が未納のケースでは車検を受けた時支払いとなるもので、今後使っていた自動車を廃車として壊してしまう時必要なフロン類、シュレッダーダスト、エアバッグ類等々リサイクルする時の代金となって使用されます。リサイクル料はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けておくこととなり、解体する時に自動車リサイクルシステムから支払われるということになります。

その時の料金はおおよそ、軽だと8千円ほど、普通車で10000円位、外国の車ですと1万5千円くらい、それとは別に2万円くらいを入れる必要性が有ります。多くのマイカー引き取りであれば、そういったリサイクル料を使用していた自動車の買取額とは他として引き取られるということになりますが、リサイクル料金を含めて引き取り金額だという場合も有り、買取りをお願いする時はまずはチェックしておくのが大切なこととなります。