使用した車の格付けは月賦払い終了前の場合でもOK?把握しておきましょう

使用していた自動車の買い取りのお店に見立てを依頼したはいいけど、割賦払いを完済できていないケースもあるかもしれません。そのような事情では、買取りしてほしい古い自動車のオーナーがご本人なのか別な人であるのかどうか第一に把握しておく必要があります。

実際に、持ち主に関してどのあたりを見たらわかるのかといいますと、自動車検査証に書き込まれている氏名がその古い車のオーナーとなる訳です。

お車を手に入れたタイミングで銀行系の分割払いを契約した場合だと、この車検証に書かれている名前があなたのお名前となっていると思うのですが、そのローンを契約したのが信販会社などの時には名前が信販会社の記載となっております。信販系でローンを組む場合にどうしてこのように信販会社を名義人として登録してるのかと言えば、その理由としては毎月の支払いが滞納したりしたら、スグにおくるまを担保として確保するためです。

そういったわけで所有名義がローン会社となっている際はそちらのクルマを好き勝手に売る事は不可能です。どうあれ売り払いたいならまずは支払いを全て支払するか分割払いの組み替えをして持ち主をあなたの名前に変更した上で手放す必要があります。そうはいっても実際そんな事が可能なのはその時の手持ちのお金が余りある時に限られます。それでは資産がない場合はどんなやり方をするのが良いのでしょうか。

こんな場合は、見積りをおこなって頂いた使用した車買取専業店に訳を話すと、使った車の買取金額から残りの支払い分を完済し、名義人を自分の氏名にチェンジして貰うことができます。手続きの方もすべて買い取りのお店に任せることができますので問題ないです。